神戸市にある社会福祉法人大慈厚生事業会様「平成28年度辞令交付式 新人研修」に呼んでいただき、
『やさしい関係の作り方』というテーマでお話しさせていただきました。

大慈厚生事業会様は神戸市の老人福祉・保育施設・母子生活支援施設事業を幅広く運営されています。
高い福祉の精神を持って職員の皆様が働きやすい職場環境にも力を入れておられます。

若いパワー・希望がいっぱい溢れた会場でした。
その時の様子を大慈厚生事業会様がブログにアップしてくださいました。
その様子はこちら

沢山のご感想もいただきました。いくつかご紹介させていただきます。

*ネガティブは良いことにつながるということに驚きました。
自分もそういったマイナスの気持ちを隠そうとする癖があるので、これからは向上心につなげていこうと思いました。

*人間の心理的な面を知れて、自分の行動を見つめなおす良いきっかけとなりました。楽しい講義をありがとうございました。

*昔の自分を思い出すことができました。今後も受容する介護を心がけていきたいと思います。

*痛みをわかっているからこそ優しくなれるというのがわかりました。

*とても解りやすく聴きやすく、理解できるのが早かったです。
実際にやってみることによって今までとの考え方が全然違うことに気づくこともでき、とてもよい研修になりました。

*自分が幸せだとか楽しいと思う気持ちがないと相手に伝わらない、わかりあうこともできないのだと思い、
自分を大切にしていきたいと思いました。

*ワークでは実際に自分で経験をしてこどもたちがどんな気持ちになっていただろうと考えることができました。
こどもの嫌だと言う気持ちを受け止め、心に寄り添ってあげることが大切だとわかりました。
また、感情を出すことを恐れずに自分の気持ちを出して信頼関係をつくっていこうと思いました。

*ワークを通して、つい悪気なくもやってしまう行動が相手を傷つけてしまうことを感じました。
お互いにHAPPYな関係を築くために今後気をつけていきたいです。

*混乱されている方への寄り添う形での対応は根気も要り難しさも感じましたが、
ワークで感じた感情・相手の人の立場になることを忘れないようにしていきたいと思います。

*OKラインは自分で上にも下にもできる!本当にそうだな~と感じます。本当に自分がOKを広くしないと相手にもきっと広くできない。
OKを広くすることは「妥協」とか「負ける」ことだと思っていた自分があることに気がつきました。

*職場でも自分自身がしっかり動き、それでもできない時は助けてもらう。助ける気持ちを持って業務にはげんでいきたいです。

その他沢山のご感想本当に有難うございました。
皆様の若さとやる気パワーで入居・入所者様の笑顔を拡げていかれることと思います。

最後になりましたが、講師としてお招きくださった坂本施設長様
このような素晴らしい場でお話しさせていただけたこと本当に有難うございます。

大慈厚生事業会さまの今後益々のご発展をお祈り申し上げます。